So-net無料ブログ作成
検索選択
京浜急行 ブログトップ

京浜急行1000形のアルバム [京浜急行]

icon_keihinkyuko.gif
pen-pc.gif こんにちわ~!しばらく出掛ける予定もなく、ブログ更新に大穴があいてしまうので、昔撮った写真を並べてみます。
 今回は、私の大好きな私鉄の一つ、京浜急行の1000形・・・・京浜急行の電車の中で、三番目に好きだった、初代デハ1000を中心に、現代のデハ1000も含めてのアルバムにしてみましたが、今回は、ざっと写真を並べただけにしました。

■■■ 京浜急行1000形のアルバム ■■■

pen-para.gif 初代デハ1000は1960年・昭和35年にデビュー、1978年までに356両が製造されたと、Wikipediaにありました。
 私は昭和35年、川崎駅でたまたま、デビューしたての1000に出会って、持っていたオリンパスペンで撮影したのですが、そのフィルムは、ビネガーシンドロームって言うのでしょうか、直径5mmの細い棒状になってしまい、使用不可能になってしまいました。

(1)これは、仲木戸駅昭和37年8月に撮ったもの。京浜急行で二番目に好きだったデハ700とほぼ同じ形の前面を持っていたのですが、ヘッドライトがシールドビームで、かなり印象が違いました。後に、貫通ドア付きの前面に改造されました。
 撮ったフィルムはブローニー判ですが、ブローニーフィルムは何故かビネガーシンドロームにはならないようで、一本も被害に遭っていません。
001-196208-nakakido.jpg

(2)神奈川駅の近くで撮影。1973年・昭和48年1月の撮影。快特・三浦海岸行。
002-197301-kanagawa.jpg

(3)1976年。昭和51年の撮影。仲木戸駅を通過する快特・品川行。
003-1976xx-nakakido.jpg

(4)上大岡駅の特急・三崎口行。(3)と同じく1976年・昭和51年撮影。
004-1976xx-kamiooka.jpg

(5)2000年・平成12年8月25日京急蒲田駅。オリンパスC830Lで撮影・・・・初めてのデジカメ、130万画素。期待したデジカメでしたが、ガッカリの画像。
005-000825-keikyukamata.jpg

(6)2001年・平成13年3月20日仲木戸駅。これも、オリンパスC830L。
006-010320-nakakido.jpg

(7)2005年・平成17年11月14日、大師線の東門前駅で、小島新田行。今は無くなってしまった門型鉄塔があります。デジカメは320万画素のキャノンIXY320になっています。画質は多少改善。
007-051114-higashimonzen.jpg

(8)2006年・平成18年9月11日神奈川駅。新1000は2002年のデビュー。これはこれで、なかなかのスタイルです。
008-060911-kanagawa.jpg

(9)2008年・平成20年11月17日南太田駅。カメラはキャノンパワーショットG9になっています。画素数も大幅に増え、撮像素子も多少大きくなって1.7分の1インチ、画質もよくなりました。ネットで画像を発表するには十分な性能なれど、ダイナミックレンジが狭い感じで、暗部の潰れとか、白いもののトーンが平板になってしまいます。
 リバイバルカラーの1000。私が高校生の時・・・昭和28年、京浜急行で一番好きな電車、デハ230に初めて出会ったときは、この衣裳でした。
009-081117-minamiota.jpg

(10)同上。この配色、懐かしさのあまり、もう一枚!
010-081117-minamiota.jpg

(11)2012年4月30日南太田駅。ステンレスの1000形は2007年から。
 他社のステンレスやアルミカーよりは金属肌の面積比が小さいようで、好感持って居ります。
011-120430-minamiota.jpg

pen-para.gif では、京浜急行デハ1000形のアルバム・・・・・この辺で!!


icon_omake.gif いま、方々でバラの花盛りです。垣根に庭に、綺麗な花を見せてくれます。我が町田市の市立野津田公園の「ばら広場」を、5月19日・月曜日、見に行って来ました。花はかなり咲いており、まだ、見ごろは続いていることと思います。
 私は、蕾が膨らんで開き始めたあたりが好きなもので、そんな写真ばかりになりましたが、三枚並べてみました。花の品種はメモしてこなかったのでわかりません。

(A)このくらいの開き加減が好きなのです。
140519-rose001.jpg

(B)・・・・・私は黄色の薔薇が好き。花言葉が気に入りませんが・・・でも、好きな色。
140519-rose004.jpg

(C)
140519-rose005.jpg

coffee.gif また、近々、何か企画してアップロードしようと思っています。お出掛けは少し先になりそうです。


京浜急行・1954年 [京浜急行]

icon_mukashibanashi.gif
pen-pc.gif 今日、2011年10月6日・木曜日上野まで行ってきました。帰り道は北千住経由東武~地下鉄半蔵門線~東急田園都市線~長津田~横浜線~町田と凄い大回りでした。何枚か写真も撮ってきたのですが、アップロードまでちょっと時間が掛かりそう・・・・多分土曜日か日曜日頃、なので、兼ねて準備の『古写真』しかも『再録』でお茶を濁します。何卒ご容赦ください。

icon_keihinkyuko.gif で、京浜急行の写真を少々

■■■ 京浜急行・1954年 ■■■

 私が高校の2年生の頃、1954年・昭和29年8月の或る日京浜急行の撮影に行きました。今の平和島駅・・・・・当時、学校裏駅と言いましたが・・・・、そして六郷土手駅まで行ったのです。

pen-para.gif 学校裏駅(現在は平和島駅・・・・さらに高架化)です。

(1) 当時の代表的急行電車。デハ230+クハ140+デハ230。そして、私の一番のお気に入りでした。
tokyoshitetsu5410-keihin242-01.jpg

(2) (1)の右端を拡大してみました。ここで追い抜かれる各停がいます。デハ300でしょうか・・・・。
tokyoshitetsu5410-keihin242-02.jpg

(3) 最新の急行用電車、デハ500+クハ550。ドア間5枚窓の3枚分はクロスシートになっていました。
tokyoshitetsu5410-keihin507-01.jpg

pen-para.gif 六郷土手駅に来ました。 

(4) 品川行の各停、デハ300の2連が六郷川鉄橋を渡ってきました。 
tokyoshitetsu5410-keihin300.jpg

(5) 六郷土手駅に停車中の品川行各停、300の2連
tokyoshitetsu5410-keihin315-01.jpg

(6) (5)の左端の拡大です。沿線案内図があります。
tokyoshitetsu5410-keihin315-02.jpg

(7) 300×2の久里浜行各停
tokyoshitetsu5410-keihin318-01.jpg

(8) 木柱の電灯が時代を感じさせます。真ん中の広告は呉服屋さんらしい。
tokyoshitetsu5410-keihin318-02.jpg

(9) 芦生い茂る多摩川の河原に来ています。電車はデハ400
tokyoshitetsu5410-keihin400b-01.jpg

(10) (9)の電車部分だけ拡大しました。
tokyoshitetsu5410-keihin400b-02.jpg

coffee_doutor.gif 昭和29年の京浜急行の電車をご覧頂きました。

・・・・・では、また次回に!!!!!


タグ:京浜急行

京浜急行デハ230 [京浜急行]


 お早う御座います。む~さんは、今日もお話のネタがありません。・・・・・で、昔噺を致しましょう。

 京浜急行デハ230形1959年1960年 

 京浜急行は私が高校に入っての夏休み、兄がオリンパス35-Ⅳを買って、それを貸してもらったときに始まります。1953年・昭和28年ですか・・・・29年だったかな?少しボケが入っているようですが(笑)。
 当時の急行電車は、表題のデハ230+クハ140+デハ230の三連か、デハ500+クハ550の二連(または『×2』)でした。私は、クロスシートの、それも顔・目がすっきりしたクハ550が好きだったのです。でも、残っている写真は圧倒的に、230の方が多いのです。心の底では好きだったんですね、きっと。
 ・・・・な~んて言ってますが、そんなに多くは写していないところが、「てきと~鉄道ファン」の面目躍如というところで、まあ、笑ってやってくださいませ。

 今日は、そのデハ230の写真を少々・・・・・・・。


 デハ230形は、1930年・昭和5年、湘南電鉄のデ1形に始まります。ついで、京浜電鉄デ71(1932年)、デ83(1936年)、そして湘南電鉄デ26(1940年)と増備されてゆき、最終的には55両もあったとの事。戦時の大東急時代には5230形として統合され、戦後、京浜急行が復活したときに、デハ230形と呼ばれるようになったのだそうです。
 車体全長15,440mm、幅2,610mm、窓配置:d-1-D-8-D-3。
 これは、私、愛用の参考書『私鉄電車プロファイル(機芸出版社)』に拠るものです。

 (1) 1959年・昭和34年の1月、私は川崎に居ました。電留線に居るデハ230形264以下、いつもの組み合わせ。そして、左側の本線を多摩川というか、六郷川の鉄橋から駆け下りてくる、デハ700or730(床下真っ黒で台車の識別も不能)の2ユニット、4連の特急パルラータ


 年は変わって1960年・昭和35年2月、もう少しで大学も卒業のころ、川崎に行っています。

(2) 大師線側の電留線で休むデハ285。私はこれ以前の『赤』というか『バーミリオン』時代を知りませんので、京浜急行といえば、この色。下が朱の赤、上が黄色。美しいこのスタイルに魅せられてしまった私、未だに、関東の電車のトップランクです。
 高さが1,080mmあったという、大きな窓で室内は開放的雰囲気で明るかったですね。前面、左右に延びたアンチクライマも、表情を引き締めています。外付けの尾灯・急行灯、ウエスティングハウスの密連も素敵。

(3) デハ285の横顔。ウインドウシルの切れたところなんか、痺れますね~!!

(4) デハ285の室内です。いまの電車にはなくなってしまった、客室ドアを入ったところに立っていた掴み棒があります。例外はあるでしょうが、当時の電車には、こんな『柱』が、みんな有りましたね。これが無いと『走らない』なんてギャグが今ではチンプンカンプンで・・・・・。

(5) 網棚というか、板棚。この棚とつり革のバーを保持する金具が優美な形です。

(6) 灯具です。この形、いいでしょう??!!素敵でしょう??!!白熱灯の色も懐かしい。そして、私は体験していませんが、昔は、夏になると青硝子の白熱灯に変えて、涼しさを演出したとの事。いいお話ですね。これは、友人KKさんに教えていただきました。

(7) 日付は変わって同じ年1960年・昭和35年の3月、また、京浜川崎です。269です。

 こんなのが、この頃まで、あのカーブの多い、踏切の多い、京浜間とその先、三浦半島へ、グワ~ッとぶっ飛ばしていたのですよ。前面の窓全開で、風を真正面から浴びて、それはそれは素晴らしい体験でした。そんな事の出来た私は幸せもんだなあと思っています。


 残念ながら、これらのフィルムは、スキャン後、7年経過した今、カーリングが激しく、スキャナに掛けられないというか、平らに延ばす事も不可能となっています。皆様、フィルムの、品種選定、現像処理、保管には充分に気をつけましょうね。 

 私のホームページ『む~さんの鉄道風景』に京浜急行デハ230のページがあります。ダイヤルアップ接続時代に作ったので、写真は小さいのですが、お時間が御座いましたら、御覧下さい。URLは下記です・・・・。
http://11.pro.tok2.com/~mu3rail/link104-khk230.html

 デハ230につきましては、他にも色々お話したい雑談はありますが、今日のところは、これでお仕舞いと致します。

 さあ、次回は何に致しましょう・・・・・・・。


nice!(4)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
京浜急行 ブログトップ