So-net無料ブログ作成
関西電車旅2001年 ブログトップ
- | 次の10件

関西電車見物2001年( 1) [関西電車旅2001年]

■ 新年2007年1月4日、新しいシリーズでスタート予定のところ、何時もの『泥縄む~さん』、準備不足で、まだ開始不能なのです。
・・・・・で、今回のところは『予告編』ということで行きます。

 今日は予告編 

■ あれは定年退職して2年目の2001年11月の事でした。19日(月曜日)から21日(水曜日)まで、関西は大阪、奈良地区の電車を訪ねて、2泊3日の旅をして来たのです。
 その時の画像をご覧頂こうと、デジカメのデータを見てみましたら、意外といい画像が無い。肝心のところで写していないものも多かった。もしかすると、デジカメの他に、銀塩カメラも持って行ったかもしれません。
 あれから、たった6年しか経っていないのに、記憶が殆どありません。まあ、デジカメデータを眺めつつ、懸命に記憶を捻り出しながら旅行記・・・・と云うには余りにお粗末なものを書いて行こうと思って居ます。

■ 今回は、その旅の画像をアトランダムに、少し、ご覧頂きます。その頃の私のディジタルカメラは、オリンパス社のC-830Lという130万画素、単焦点レンズのものでした、現在の500万画素以上のカメラではないので、画像は相当に悪いのですが、ご勘弁下さい。
 ちなみに、現在の私のデジカメ、320万画素しかありません・・・・(泣)。小さくて高性能のカメラ、欲しいですね。

(1) 阪神電車の梅田駅。

(2) 阪堺電車上町線の天王寺駅前。

(3) 近鉄南大阪線の吉野行き特急電車。26000系さくらライナー。

(4) 大阪市地下鉄のアーチ形高天井の駅。さあ、思い出せません。難波から梅田に至る中間で写しています。昭和29年にも、この様なシャンデリア風蛍光灯照明だったから『心斎橋駅』でしょうか・・・・・。


■ 果たして、どのような展開になって行くのか私にも良く分っていません。というか、まあ、行き当たりばったりと云うわけで、よろしくお願い致します。

・・・・・・では、次回!!!


阪急・梅田駅で珈琲を・・・・ [関西電車旅2001年]

 今日は、ちょっと珈琲でも飲んで、一服いたしましょう。

 昨日のブログに書きましたように、2001年11月20日、近鉄あやめ池遊園地で、近鉄の歴史的電車デボ1/モ200の復元展示車を見て、近鉄奈良線で大阪は難波へ。地下鉄御堂筋線で梅田まで来たのですが、そうだ!お茶を飲んで行こう!と、言う訳で、阪急梅田駅ホームに入場券で入り、お気に入りの喫茶室『AJISAI』で、阪急電車を眺めつつ珈琲で一休み。

(1) 『AJISAI』店内からの神戸線の電車。
・・・・・・・カタチから形式を同定できないくらい、阪急とのお付き合いも希薄になりました。好きなのに・・・・・。(見に行きたいなあ~!!切実に、そう思います。)

(2) 同じく、『AJISAI』店内からアングルを変えて・・・・・。

(3) 『AJISAI』をホームから眺める。

青緑色の電飾看板には『ROKKOSAN HOTEL   Cafe  AJISAI  Beer』とあります。

(4) 『AJISAI』店内から『パノラマ写真』を狙ってみました。

 小さいので何が何だか判りませんね。ホームページに1,024ピクセル幅の画像を置きましたので、下のURLからご覧下さい。
http://11.pro.tok2.com/~mu3rail/link_blog005-pano.html

(5) 同じ、ホームの京都線側にも、喫茶室があります。未だ入った事は無いのですが、おそらく京都線の眺めがいい事でしょう。
 こちらは『Cafe ライラック』と言います。

 今年になって、3月、京都・大阪を旅しましたが、スケジュール的に苦しく、梅田駅ホームには行く事が出来ませんでした。残念っ!!!

・・・・・・・・・と、書いてきましたが、この日から既に5年が経過しております。この二つのTea Roomは健在なのか、少々気になっています。


■■ お知らせ ■■
 月末までの約10日間、ちょっと仕事が立て込みまして、更新のインターバルが長くなると思います。中一日~中四日ほどですが・・・・・。タイムシェアリングがヘタなものでして・・・・。
 10月になれば、正常に戻れると思いますので、よろしくお願い致します。


 では、今日はここまでです。次回又お目に掛かりましょう!!


近鉄あやめ池遊園地のデボ1保存車 [関西電車旅2001年]

 今日の話題は『近鉄モ200形』にしましょう。初対面は昭和30年の春の事でした。高校2~3年の春休みに合わせての修学旅行。往復貸切客車列車での京都奈良観光。
 3月30日でしたが奈良・西ノ京の『薬師寺』を見学しました。私は前を通る近鉄橿原線が気になって、勿体無い事に、ご本尊さまも拝むことなく、近鉄線路に貼り付きました。その時の主役がモ200形。なんという優美な姿でしょう!!しかも木造、一目で好きになりました。
 モ200形は大正3年(1914年)、大阪~奈良間の大阪電気軌道開業時に製造されたデボ1形の、近鉄となったのちの形式だそうです。

(1) モ219他のモ200形三連。丸い前面に五つ窓の木造車。

(2) 同じく、モ200形の三連。

(3) 少し後の大学生時代、昭和31年の7月、四国旅行の帰りに立ち寄った近鉄奈良線。上六駅で見かけたモ461は、モ200形とほぼ同形ながらすこし大型のデボ61(後のモ260形)の、鋼体化更新車。貫通タイプで私好みの車体でした。

・・・・・・が、このように鋼体化されず、木造のまま廃車となり消えて行った、モ200形が、製造時の姿に復元されて、近鉄あやめ池遊園地に展示保存されていると聞き、関西在住の鉄道愛好家の方のご案内で、見学に行ったのです。

 このときの旅は、2001年11月、2泊3日の旅として、関西の電車見物の旅でした。尼崎駅前の、HOP INNなるホテルを根城に、大阪・奈良を回りました。
 1日目は、OTSニュートラムに乗った後、友人Wさんと一緒に阪堺電車を全線乗り、鶴橋で焼肉と行きたかったのですが、おりしもBSE問題で、まあ、牛は止めて鶏にしようとタッカルビを食し、Wさんと別れて尼崎で一泊。翌日、JR東西線、環状線で天王寺まで行き、近鉄南大阪線の、あべの橋から、さくらライナーで橿原神宮。そこで、関西在住の鉄道愛好家のMさんと会って、近鉄橿原線・京都線・奈良線をご案内頂き、あやめ池遊園地までやってきました。 

(4) お目当てのモ200/デボ1保存車は、遊園地の奥の方に、きちんとした屋根の下に、大切に展示されておりました。(旧デボ14→モ212だそうです)

(5) お顔です。

(6) 救助網と螺旋式連結器。

(7) 台車。

(8) 大阪電気軌道・・・・大軌の社標の飾り文字。

(9) 解説板もきちんとしたものでした。

 15時少し前、今回の旅のビッグイベント、モ200との大感動のご対面を終わって、満たされた気持で、近鉄あやめ池遊園地を後にしました。親切に、ご案内頂いたMさんとお別れし、近鉄奈良線で大阪に向かったのです。 そのあと、また尼崎のホテルに泊り、旅を終えました。


 2004年6月、あやめ池遊園地は諸事情で閉園となりました。このデボ1形→モ200形の保存車の、その後を心配したのですが、2005年6月、五位堂にある『五位堂研修車庫』に保存されたのだそうで、ほっと致しました。


参考文献&HP:Wikipedia、鉄道ピクトリアルNo.569『臨時増刊:特集・近畿日本鉄道』を参考に致しました。

 このページの2001年の写真はすべてオリンパスのデジカメC-830L、130万画素機によるものです。480×360pixelくらいでしたらそこそこ実用になりますね。安心しました。

 今週は、いろいろと宿題も多く、ブログの更新も、少なめになりそうです。まあ、1日おきには更新しようとは、思っていますが・・・・・。遅れた時は、ご容赦下さい。

 では、次回!!!


- | 次の10件 関西電車旅2001年 ブログトップ