So-net無料ブログ作成
欧州鉄道風景2003年 ブログトップ

最近、更新の間隔が・・・・ [欧州鉄道風景2003年]

gaikoku-blue.GIF
pencil-green.gif 最近、ブログ更新のインターバルが長めになって来て居ます。如何やら、ホームページのリニューアル、新規アップロードなどに取り組んでいる所為らしく思われます。さらに、此処のところ、家事雑用も入り組んでおり、出かけるチャンスも少ないし、何時も、決まったコースの往復のみになっています。

 ま、仕方が無いのですが、更新をしなければ・・・・と、気にもなります。それで、時事ネタがらみの古い画像を、数枚並べてみます。

pencil-green.gif この10月18日強い寒波に襲われ、その所為か、英仏海峡トンネルで立ち往生、21日まで前便運休と聞く、ユーロスターの写真を少々。
 もっとも、6年も前のことなんですが・・・・・・・2003年の10月末、鉄道大好きな友人たちと、スイスからイギリスへ回りました。そのときに、イギリスはロンドンで、英仏を結ぶ列車、ユーロスターを見ようと云う事になって、都心からさほど遠くない、「Wandsworth Road駅」へ行き、撮影したものです。

 キャノンのAPSカメラ、IXYで写したんですが、某ラボのCD-R化サービスの画像、画質が最悪で、こんな変な調子です。

(1) ユーロスターのロンドンのターミナルは、現在は、セント・パンクラスですが、未だ、ウオータールーから発着していた頃ですので、サードレール集電の時代でありました。Wandsworth Road駅のお隣の線路を通過します。たまたま、信号停止です。ラッキー、ラッキー!(駅の跨線橋が素敵ですね)
FH030016a.jpg

(2) 信号停止のお陰で、ゆっくり写た前頭部。連結器カバーの立て付けが悪いみたいに見えます。
FH030018a.jpg

(3) 台車と集電器。最前部と最後部は、電車というよりも電気機関車ですから、台車はコイル発条。
FH030017a.jpg

(4) ユーロスターはゆっくりとウオータールーに向けて去って行きました。バターシーの元発電所(・・・・だったかな?)の四本煙突が見えています。左の背の高い建造物は、何だかわかりません。線路は三つに分かれています。左端はビクトリア方面すが、真ん中と右は、先が結構複雑で、Googleの航空写真を拡大して見ると、パズルみたいで面白いですよ。
FH030022a.jpg

pencil-green.gif 架線の無い、広い空!第三軌条電化方式は、この点は良いですね~!


pencil-green.gif この旅の時のカメラは、「銀塩」と「ディジタル」を、ほぼ同程度のウエイトで使って居りました。持参したデジカメ用のメディアの残り容量がかなり少なくなり、デジカメでは、一枚しか撮って居ません。こんな感じです。

(5) 一列車を二台のカメラで撮れるなんて、停止信号のお陰です。東京の地下鉄の下側集電サードレールを見慣れた目には、安全カバーの無い、上側集電の第三軌条は、何だか危なっかしく見えました。
IMG_0161a.jpg

coffee.gif これで、今回は終わりと致します。次回のネタは、検討中。ここ暫くは、ホームページ更新にパワーを注ぐつもりです。
 ま、中2~3日で、更新いたしますので、ご期待下さい。


nice!(4)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

スイスで見た奇妙な貨物列車 [欧州鉄道風景2003年]

 スイスで見た奇妙な貨物列車2003年 

pencil-red.gif 今日は、外国のお話を致しましょう。

(1) 小田急・小田原箱根地区のローカル用1000系電車の4連三本が、前回のブログでご紹介したとおり、箱根登山鉄道のレーティッシュ鉄道特別塗装に倣って、こんな赤い車体色になっています。
01-090316oer_red1000.jpg

pencil-red.gif ・・・・赤い電車で思い出すのは、スイスの電車・機関車たち。

(2) 今から5年以上前、鉄道趣味の友人たちとスイスからイギリスを回りました。2003年の10月末、羽田からチューリヒに着き~ルツェルン~インターラーケン~ユングフラウ~ベルン~ブリーク~ツェルマット~ブリーク~ジュネーブ~そして、イギリスに向かったのです。そのときに、遭遇した赤い電車・機関車の一部です。
02-0310swiss.jpg

pencil-red.gif その旅の途中、非常にユニークな貨物列車を見たことが記憶に強く残ってます。ルツェルンから、インターラーケンオストまで、スイス国鉄のブリュニク線という、途中、ラック区間のある、軌間1,000mmの路線がありました過去形にしたのは、私鉄になっちゃったからですが、当時は国鉄。これに乗って、480パーミルの登山電車、ピラトゥス鉄道を見に行ったわけです。その帰り道、乗換駅の国鉄ブリュニク線アルプナハシュタット駅で、ルツェルンへの列車を待って居ると、電気機関車牽引の貨物列車がやって来ました。

(3) 小さいのに、ごつい印象のラック機関車が、不思議なものを引いています。あわてて撮影。
03-0310swiss.jpg

(4) 鉄道ファンだったか、ジャーナルだったかで、以前読んだことのある、ナローの線区に、標準軌間の貨車を入れるための、アダプターというか、ボギーのシキというか、チキというか・・・・・・台枠にボギー台車のついただけのものに、「トム」みたいな無蓋車が積まれていました。
04-0310swiss.jpg

(5) 積まれた貨車は、割と簡単な機構でホールドされているようです
05-0310awiss.jpg

(6) これは、何でしょうね。ホッパ車でしょうか、タンク車でしょうか・・・・・
06-0310swiss.jpg

(7) 連結器二種・・・・・標準軌間の貨車はバッファ・リンク連結器、狭軌の方は、面白い形の密連(・・・かな?)です。
07-0310swiss.jpg

 一瞬だけ、停車して、ゆっくり撮影する暇もなく、単線の線路をルツェルンに向かって走り去ってゆくのでした。

pencil-red.gif オマケです。

(8) 上と同じ、アルプナハシュタット駅のはずれにあった車庫。木造の、中々趣のあるものだったので、貨車とともに写しました。この貨車たちは、勿論、狭軌、1,000mmです。
08-0310swiss.jpg

(9) 「ワフ」相当なんだと思うのですが、左のは、おっそろしくホイールベースが長い。サイドに小窓があるのが面白く、何に使うのかなあと思いました。
09-0310swiss.jpg

pencil-red.gif 小田急の「赤い電車」つながりでスイスの面白い貨車の、ボケ写真を、ご覧頂きました。

 2004年には、スイス国鉄ブリュニク線も、私鉄、ツェントラル鉄道(ZB)となり、5年以上の年月が流れ、また、流通輸送形態も変わったことでしょう。こんな貨車、貨物列車は、今でも走っているのでしょうか・・・・・。
 それにつけても、あと一度でいいから、スイスからイギリスへ旅したいと思う、む~さんでありました。


nice!(3)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

瑞西ジュネーブ市電 [欧州鉄道風景2003年]

 2003年10月下旬のスイス・イギリス旅行から・・・・・・前回のベルンの市電に続いて、ジュネーブの市電を一寸だけ・・・・・。

 ベルンの市電を見物し、BLSの列車の食堂車でビールなんか飲みながら(私は下戸だからミネラルウオーターね・・・)インターラーケンオストまで戻り、宿泊。明けて、26日は、超ハードな旅になりました。
 インターラーケン~BLS~シュピーツ~BLS~ブリーク~BVZ~ツェルマット~GGB~ゴルナグラート(マッターホルン見物:快晴)~GGB~ツェルマット~BVZ~ブリーク~瑞西国鉄~ジュネーブ、と言う訳で、ジュネーブ到着は夜になっておりました。外へ出て伊太利亜料理店で夕食、そして泊。

 ・・・・で、ジュネーブの朝、朝食後すぐにお出かけです。ホテルは国鉄ジュネーブ駅・・・・コルナバンって言うらしいけれど・・・・の駅そばだったので、だらだら坂を下って、レマン湖の辺に出た。モンブラン橋っていうのかな?橋を渡って、花時計(名物らしいけれど、さしたる感動無かった)のそばから一寸、歩くと電車通りであった。
 どうやら、繁華街のようで、お洒落なお店なんかが並んでいます。道路は市電だけで一杯みたいな併用軌道を挟んで、広い歩道があります。このような道で、電車・自動車・人が折り合いをつけているようでした。

 電車は部分低床車で、1990年ごろのクルマらしい。カラーはちょっと・・・・って感じです。最近流行りのLRVって言うのか・・・・・は見かけなかったのですが、30分くらいでは、判る筈もありません。1000ミリ軌間で、600ボルト。系統は三つと本に書いてありましたが、国鉄駅前で市電の線路の工事をやってたので、あれから3年、更に発展した事でしょう。(願望!)

 朝が早かったので、お店の人達が、動き始めた頃でした。

 一応、市電も見たし、レマン湖も眺めたので、午前中の飛行機で、次の目的地、英国に飛ばねばなりません。宿に引き返し、荷物を引きながら、国鉄ジュネーブ駅に向かったのです。



 スイスで市電のあるのは、ほかには、バーゼルだそうで、何時の日か、訪れたいものと思って居ります。

 これで、スイスのシリーズは一応、お終いとしましょう。次は何にしようかと、考え中です。また、あさって!!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

瑞西ベルン市電 [欧州鉄道風景2003年]

2003年10月下旬、四十数年来の鉄道大好き仲間とのスイス・イギリス旅行から・・・・・・。

前回のチューリッヒ市電に続き、首都ベルンの市電です。

10月24日の朝、チューリッヒからダブルデッカー客車の列車でルツェルン~ピラトゥス鉄道480パーミルに乗車~ルツェルンに戻って~交通博物館見学で、この日はお終い。
翌25日、ルツェルンから~軌間1000ミリの狭軌国鉄ブリュニク線で~インターラーケンに移動。三つの狭軌ラック私鉄でユングフラウ見物。これで、25日はお終い。
で、10月26日、ラウターブルンネン・ミューレン山岳鉄道なる凄い名前の割に勾配区間の無い電鉄(たしかこの電鉄に至る間にケーブルカーがあるので)に乗った後、BLSで、スイスの首都、ベルンにやって来ました。世界遺産の街、ベルンは古めかしい街並みの美しい街でありました。

・・・・・で、ベルンの駅を出ると左右方向に市電が走っています。今日は何かのイベントなのでしょうか、こんなのが来ました。生まれて始めて見る『スチームトラム』。

駅から見て左の方に歩きました。古い家並みというか建物の間、自動車をシャットアウトした 溝の様な空間を電車がやってきます。

大体が三車体の連接車というか、ボギーの付随車にMcが寄りかかったようなタイプ。真っ赤な塗装が似合う。(一寸前まではグリーンとクリーム塗装だったようですが)

ここは、軌間1000ミリ、600V。チューリッヒとはまた違ったタイプの連結器です。

そこを抜けると十字路ですが、市電は左右に分岐します。


新しい5車体の連接車。

駅から来て左に曲がって歩くと・・・・・・

噴水なんかも有ります。

この先が橋になっている。コルンハウス橋というらしい。あとで、ガイドブックで見たら100年以上経っているスチールのアーチだった。

これが、橋の上面で・・・・・・・・。

下を眺めると、まあ!綺麗。いかにもスイスというか、ヨーロッパ的な眺め。

右は、チケット販売&乗車チェック機。いろいろ面倒な乗り方らしいのだけれど、今回はスイスパスを使ったので、何の必要も無い。


ベルンはこれで、お終いで、次はジュネーブ市電です。バーゼルにも市電があるそうですが、今回は行きませんでした。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

瑞西チューリッヒ市電 [欧州鉄道風景2003年]

ここ暫く、1970年初め頃の写真で来ましたが、簡単に使える、その頃の写真が手元に無くなり、探すのも、引越し騒ぎになるくらい訳が分らなくなっていますので、最近の写真で、ご勘弁頂く事に致します。

2003年10月下旬、学生時代からの鉄道大好き仲間とともに、スイス~イギリスと回りました。その時の写真を暫くの間ご覧下さい。

デジカメのデータでは2003年10月24日16時07分っていいますと、スイスでは何日何時になるのでしょうか?日付を日本時間のままデジカメ使ってましたのです。朝、駅に向かって歩き出し、最初の写真が、こんなデータです。

(1) 駅に向かって、雪ちらほらって中を歩きました。途中、電停が一つ、国鉄チューリッヒまでは、そんなに遠くありません。
 3車体の連接車が2ユニット連結で来ました。こんなに長い路面『列車』が走るんですから、かなり輸送量も期待できるのでしょう。
 お客さんのモラルを信用しての方式なんでしょうが、停留所で切符を自販機で買い改札機でチェックしてから乗車するシステムのようです。
 わが国で使えるシステムでしょうか・・・・・・・・・・?ヨーロッパでも成功しているところと、失敗した所があるらしいと聞きます。

 以前から話には聞いてましたが、前夜、乗った満員の市電にデッカイ犬を連れて乗って来た人が居たのには吃驚でした。少々、怖かったなあ。

 チューリッヒの市電は、軌間1,000ミリ、電気方式は600ボルト。他の都市・・・・・ベルンとかジュネーブ、バーゼルも1,000ミリ軌間だそうで、何となく標準軌と思ってましたので意外に感じました。

(2) 建物からワイヤを張って架線を釣ってました。この方式は、景観上も結構なやり方です。

 重連運転も多いので簡単な構造の密着?連結器には、電気栓付きのものもありました。

(3) この先を右に曲がれば、国鉄チューリッヒ駅。

(4) チューリッヒ駅まで来ました、駅前から延びる狭い通り(地図にバーンホフ通りと書いてあった)を電車が来ます。写真撮影の私の背中がチューリッヒ駅です。

(5) 線路が4本あります。あまり注意してなかったので、如何言う使い方をするか分りません。左側がチューリッヒ駅。

(6) 古めかしい建物の並んだチューリッヒ駅前。右の建物が駅本屋。この車両は比較的新しいらしく、なんとなく角張っていて、シンプルな車体でした。

(7) (6)と同じ場所での写真。


 短い時間でしたので、たいして撮れませんでした。良いお天気の日に、もう一度行きたいと思っているのですが、果たしてどうなりますか・・・・・。

 たまたま、こういう電車が来ましたが、一回だけ遠くをLRVと言うんでしょうか、5車体のスマートな連接車が行くのが見えました。
 いまでは、かなりそんな電車も増えている事でしょう。また、車体の色も変わったかもしれません。

 夜、泊った宿の、窓の下を電車が走りました。窓から見ていると、ナトリウムランプの光の中を、電車が行くのが見えたのですが、走行音はかなり静かで、ドライブ方式はどんなになっているのでしょう。


 なんとか、今日の書きこみはクリアできました。暫くは、このシリーズで行きたいと思いますので、よろしくお付き合いください。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

鉄道発祥の地・ダーリントン [欧州鉄道風景2003年]

今朝のソネットブログは昨日のメンテナンスが効を奏したのか、マズマズの動きのようです。このまま良い方向に行って欲しい。問題は夜だなあ・・・・今夜は如何だろうか?な~んて思いながら、この記事を書いております。無事にアップロードされる事を願いながら・・・・・。

昨日は夜、二時間の仕事だったから、昼寝も出来たし、のんびりと過ごせました。そうは毎日、電車に会える訳で無し、会えても小田急とJRハマ線だけですから、変わり映えもしない。そんな理由で、少年時代を過ごした、大田区は東急池上線の写真が少ない。今になれば惜しい事です。

今日は、鉄道発祥の国、英国のお話です。ロバート・スチブンソン(何でPHがブって読むんだろう?本によってはVで無いのにヴになってる・・・・疑問!)の実用一号蒸気機関車が走ったダーリントン・ストックトン鉄道の遺跡と、その蒸気機関車ロコモーションが保存されているとの話に、鉄道を愛好する者として一度は行きたかったのです。2000年秋、英国を訪れ、ロンドン周辺の鉄道を見物・乗車したのですが、その時が最初の『ヨークの国立鉄道博物館』と『ダーリントン訪問』のチャンスだったのですが、400年ぶりの大雨と洪水とかで行く事が出来なかったのです。全くついてなかった私。
2003年秋、スイス・イギリス・鉄道の旅の企画が、学生時代からの友人の間で持ちあがったとき、リーダーにお願いしてダーリントンをスケジュールに組みこんで頂きました。有り難い事です。
鉄道愛好家として一度はDarligtonに行きたい!私は、聖地巡礼って、こんな感じなんだろうかと思ったものです。

2003年10月29日、宿泊したヨークの宿で、英国風の朝食をとりました。目玉焼き玉子、ソーセージ、ベーコン、トマトのソテー、煮豆、キノコのソテーの皿に、薄く切ったトースト、紅茶。

ヨークからヴァージンの列車でダーリントン着。

屋根に覆われ、煉瓦の壁に囲まれた素敵なダーリントン駅でした。

ここから支線で一駅のノースロード駅に博物館があり、ロコモーション号があるのですが、良い列車が無いのでタクシー。1842年に立てられたと言う元・駅舎は立派なものです。これが博物館になっております。

そこに、1825年に、ストックトン・ダーリントン鉄道で初めて石炭貨物列車を引いた、ロコモーション号が展示されています。実物だそうで、もう、感激感動、手のひらで撫でたり、並んで記念撮影したり、大はしゃぎの私でした。

こういう産業記念物が大事に保管されている国なんですね、英国って。凄いものだなあと思いました。こんど、大宮にJRが作る鉄道博物館はどのような展示がされるか興味あるところです。

ロコモーション号だけでなく、何両かの蒸気機関車、鉄道関連の展示物も色々あって、ここまで足を伸ばしただけの事は充分にあり、大満足でした。

実際の駅の線路とホーム、屋根を使った博物館です。現在のノースロード駅は、裏側に線路一本の無人駅になっています。

見学ついでにトイレを使いましたら、こんな便器がありました。ひょっとすると1842年バージョンかもしれません。60度3連装で、紳士が三人並んで向かいあい気味で砲撃する有様を想像すると、なんとなくほほえましい気持になります。

ついでに、博物館近所の街並みです。色遣いが日本人感覚では、ちょっと・・・・って感じなのですが、英国人にはベストなのでしょう。

聖地のご本尊様『Locomotion号』を拝んだ私たち一行は、つぎの目的地ヨークの国立鉄道博物館を目指したのです。そっちの方は、またいずれ。


明日からはまた日本モードに戻りましょう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

スイスの軽便鉄道(WAB) [欧州鉄道風景2003年]

今日もソネット・ブログは重い、そしてページ作成中に突然機能しなくなる。そうこうしている内に、またもこんなテロップが出て・・・・・・・つながらなくなりました。

その後、復旧前に出掛けてしまい帰宅が22時過ぎ。PC、立ち上げて接続したら、動いています。使えそうな感じ。もう落ち着いて書いてる時間も無く、本日休業にしましょう。

とは言うものの画像を3枚ほど・・・・・・2003年の10月、鉄道大好き仲間とスイス、イギリスに旅しました。もっぱら鉄道・鉄道・鉄道漬けの日々だったんですが、そのときに訪問した、スイスのユングフラウの山麓を行く、登山鉄道が、実に良い軽便鉄道だったのです。
ヴェンゲルンアルプ鉄道(略称WAB)、軌間800ミリ、全線ラック(リッゲンバッハ)、最急勾配250パーミル、全線距離19.1km、グリンデルワルト~クライネシャイデック~ラウターブルンネン間。

大いに気に入りました。電車、電気機関車、貨車など賑やか。
その中から、2軸のラック式電気機関車。
もう、可愛いの何のって・・・・・・・・・。

如何やら運転室は片方にしかないようです。日本の国鉄ED42などは片運でしたね。No.65。連結器がまるでHOのベーカー形みたいです。

同じ形式とおぼしき、No.54。上とは反対側のサイドです。

No.54の運転台の無い側。こっち側の連結器にはフックがありません。

撮影はラウターブルンネン駅構内。


So-net blogは、何とか動くみたいです。早く安定して欲しいものです。

今夜は、こんなところでお仕舞いにしましょう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
欧州鉄道風景2003年 ブログトップ