So-net無料ブログ作成
2003年の旅 ブログトップ

土佐電鉄は「とでん」 [2003年の旅]

6月18日日曜日、鉄道系の話題はなかったので、『土佐電鉄(とでん)が走る街・今昔』って本が『JTB・キャンブックスシリーズ』から出版されたのに因んで、土佐の高知の路面電車の以前に撮った写真を少々。

2003年の3月、高知へ旅しました。そのとき遭遇した土佐電鉄。

(1)先ずは、単線区間のハイライト。狭い道を行く場面。高知の市街を西に走り、鏡川橋電停を過ぎると、ここから主点の伊野まで単線になります。鏡川を専用の鉄橋で渡り、狭い街路に入って行く。約1.1km、両側は商店で、~『鴨部』~『曙町東町』~『曙町』~『朝倉』~『朝倉駅前』と途中、交換施設もあってのどかな街並み。

『朝倉』電停・・・・電車は615。

たしか『曙町』辺りかと・・・・・・。

『朝倉駅前』

(2)高知の市街地で・・・・・

『上町一丁目』電停/No.613と804。

高知駅前~桟橋通五丁目の路線、高知駅前から、ひとつ目の『高知橋』付近。

同じく『高知橋』付近で202と215。

『7』ですが『維新号』と名付けられています。台車は古いブリルですが車体は新製。『蓮池町』電停。

桟橋通五丁目から高知駅に向かう電車から・・・・202です。場所は失念。

播磨屋橋交叉点で、たまたま最新の低床車、ハートラムに遭遇しました。お隣は624。

(3)最後にコマーシャル!

JTBキャンブックス『土佐電鉄(とでん)が走る街・今昔』。現在書店にありますので、ご覧の上、もし、お気に召しましたら、お買い上げ下さい。税込み1,890円です。


では、また明日!


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
2003年の旅 ブログトップ