So-net無料ブログ作成
古いアルバムから ブログトップ

東海道本線藤枝駅寸景1968年 [古いアルバムから]

icon-huruialbum.gif
pen-pc.gif 週に二回の更新を目標にしていますが、ネタ切れですそんな時には昔の写真でお茶を濁します。久し振りで「古いアルバムから」引っ張り出した二枚のネガです。
 時は、1968年・昭和43年9月(頃)場所は東海道本線の藤枝駅

■■■ 東海道本線藤枝駅寸景1968年 ■■■

pen-para.gif 私は2年ぶりで静岡鉄道駿遠線を訪問し、東京へ帰るために東海道本線のホームに居りました。このとき、駿遠線は、度重なる路線の短縮の最後の一撃「1968年8月22日の路線短縮」で、国鉄藤枝駅脇の「新藤枝駅」から、大井川の手前の「大井川駅」までの「6.3km」になって居りました。私は終点の大井川駅までは行かず、ひとつ手前の「上新田駅」で、施設や列車を撮影して、帰途につくところでした。

(1) 国鉄藤枝駅のホームから、静岡鉄道駿遠線の新藤枝駅の構内が見えて居ます。湘南顔の気動車と、客車の部分が見えて居ります。
 以前、よく使った「部分拡大」で見て行きましょう。
001-196807-fujieda00.jpg

(2) 気動車の横顔です。たぶんキハD16ではないかと思うのですが、確信はありません。手前のホームは国鉄の貨物ホームです。ど~んと、「秤」が置かれています。分銅を左右にスライドさせて計測する古典的スタイルの天秤式の重量計です。昔は何処ででも見られましたが、いまは、如何なのでしょう。
002-196807-fujieda01.jpg

(3) (2)の気動車を先ほど、新藤枝駅で、正面から撮ってきました。この年の8月22日・・・・私の訪問した一寸前に、大井川から先へ行く線路はなくなっており、榛原町へ鉄路はつながっていないのです。「静波海水浴場」の広告看板が寂しい。
003-196807-shinfujieda00.jpg

(4) (2)から更に右の方にパンしてゆきます。積み上げられた貨物の山の間から、客車が見えています。ハ113・・・草軽電鉄の廃線でやって来たホハ30形の駿遠線でのナンバーです。
 左の箱は「石油風呂釜・熱海」右の箱は読めません。三台の荷扱い用荷車も、懐かしい形です。
004-196807-fujieda02.jpg

(5) 更に右に振ってゆきますと、紙袋の山・・・・たぶん肥料。
005-196807-fujieda03.jpg

pen-para.gif 昭和43年、結構、貨物ホームが賑やかです。駿遠線の貨物輸送が終わる、昭和34年以前はり、この貨物ホームの向こう側で、駿遠線の小さな有蓋車、無蓋車や、トラックに国鉄からの貨物を積み替える(また、逆の)光景が見られました。それ以後は、トラック輸送になっていました。

coffee.gif 45年も昔の写真をご覧頂きました。では、また次回!!!!


腕木式信号機のある風景(下) [古いアルバムから]

icon-huruialbum.gif
pen-pc.gif 腕木式信号機の続編です。前回は東武に国鉄の信号機だったんですが、今回は「所謂、軽便鉄道」で見かけた腕木式信号機を、私のホームページから拾ってきました。もちろん、ネガデータからブログ用に作り直したものです。

 最近ではナローゲージと言う呼び方が一般的みたいですが、私にはケイベンという呼び名が、なんだかしっくり来ます。勿論、軽便鉄道とは軽便鉄道法に準拠して建設・運用されて居る鉄道の事なんで、ゲージは、何ミリだって良いわけなんですが・・・・・。
 信号機も、駅から離れたところに建てられたのは少なく、場内信号機といってもホームの上に、上り用、下り用が一本の柱に取り付けられているのが、よく見られました。

■■■ 腕木式信号機のある風景(下) ■■■

pen-para.gif まずは、信号機のある風景。

(1) 遠州鉄道奥山線の気賀口駅の奥山側の場内信号機です。地形やカーブの関係でしょうか、珍しく、駅から一寸だけですが離れた場所にありました。シャッターを押すタイミングが一寸早かった・・・・・。(昭和33年4月撮影)
001-5804-enshu_okuyama-kigaguchi-1802.jpg

(2) 井笠鉄道の北川駅駅舎越しに信号機の羽根が見えています。(昭和34年7月撮影)
002-5907-ikasa.jpg

(3) 静岡鉄道駿遠線・上吉田駅。信号機の操作は、柱の根もとにあるハンドルを動かすようになって居ます。(昭和33年4月撮影)
003-5804-shizuoka_sunen-kamiyoshida.jpg

(4) 静岡鉄道駿遠線・地頭方駅(昭和34年3月撮影)
004-5903-shizuoka_sunen-jitougata01.jpg

(5) (4)の信号機を拡大してみましょう。
005-5903-shizuoka_sunen-jitougata02.jpg

(6) 静岡鉄道駿遠線・須々木駅(昭和34年3月撮影)
006-5903-shizuoka_sunen-susuki.jpg

pen-para.gif ケイベンの信号機の例として、詳しく見てみましょう。まずは、静岡鉄道駿遠線・袋井駅。昭和35年3月撮影。

(7) 場内信号機の操作用梃子。ただいま、「進行」表示中。
007-6003-shizuoka_sunen-fukuroi01.jpg

(8) てこの場所から眺めた場内信号機。羽根が降りています。
008-6003-shizuoka_sunen-fukuroi02.jpg

(9) 信号機の真下まで行って見上げてみました。バックは国鉄の信号線の電柱で、凄い数の信号線です。
009-6003-shizuoka_sunen-fukuroi03.jpg

(10) 羽根と色ガラス、光源の位置関係。
010-6003-shizuoka_sunen-fukuroi04.jpg

(11) 信号機の根元です。ワイヤに引っ張られて、錘が上がっています。「進行」表示中。「上巻」でご覧に入れた国鉄形のメカから見ると、構造が何と無くヤワです。
011-6003-shizuoka_sunen-fukuroi05.jpg

(12) 彼方に袋井駅が見えています。静岡鉄道駿遠線の本線は右の家の向こう側を右方向に伸びて居ます。
012-6003-shizuoka_sunen-fukuroi06.jpg

pen-para.gif こんどは、同じ静岡鉄道駿遠線・上新田駅の信号機です。大井川駅から先は既に廃止され、新藤枝から大井川までの6km強になってしまった駿遠線。
 この上新田駅、列車交換も無くなり、信号機はバッテンを付けられて機能はして居りませんでした。撮影は昭和43年7月。

(13) ホーム上に立てられた信号機。すでに、機能はしておらず寂しい風景でした。
013-6809-shizuoka_sunen-kamishinden01.jpg

(14) 下から見上げる。
014-6809-shizuoka_sunen-kamishinden02.jpg

(15) 拡大してみましょう。上り下りの色ガラスの中央に、光源装置が一つある構造です。
015-6809-shizuoka_sunen-kamishinden03.jpg

(16) 操作用のレバー。やけにシンプルな構造です。
016-6809-shizuoka_sunen-kamishinden04.jpg

coffee.gif ただ、芸も無くずらずらと写真を並べただけで、ご容赦下さい。こういう、あまり立派でない信号機たちが、鉄道の職員さんたちとともに、お客さんの安全を守っておりました。

 ・・・・・・では、また次回!!!!!


腕木式信号機のある風景(上) [古いアルバムから]

icon-huruialbum.gif
pen-pc.gif む~さんも、そうは度々お出掛けする事は出来ないわけで、今回は、既に公開済みの画像を並べて見ました。
 テーマは、「腕木式信号機」。いま、日本の何処かに、現役の腕木式信号機はあるのかなあ?たぶん、無くなってしまったようだなあ!
 純粋の機械式メカに光源と色ガラスを組み合わせたシンプルなものですが、通票閉塞区間で、普通に使われて居り、単線区間であれば、何処ででも見られたものですが、技術も進んで、気が付いたときは、もう見ることが出来なくなって居りました。

 何の趣向もなく並べただけですが、ご覧下さい。

■■■ 腕木式信号機のある風景(1) ■■■

pen-para.gif 私のホームページなどから拾ってきた「腕木式信号機のある風景」です。画像は改めて原画から480×360に加工し直しました。

(1) 東武鉄道野田線・大宮駅の出発信号機(1954年・昭和29年3月)
001-5403-tobu-omiya.jpg

(2) 伊豆箱根鉄道大雄山線・大雄山駅の場内信号機(1964年・昭和39年3月20日)。バックの特徴的な山は金時山。
002-640320-daiyuzan.jpg

(3) 国鉄相模線南橋本駅・橋本側(1966年・昭和41年7月)向こうの陸橋は国道16号でバスは神奈中でしょうか・・・・。
003-6607-sagami-minamihashimoto.jpg

(4) 国鉄相模線南橋本駅・橋本側から(1966年・昭和41年7月)朝靄の駅・・・・。
004-6607-sagami-minamihashimoto.jpg

(5) 国鉄相模線南橋本駅の連動装置(1966年・昭和41年7月)
005-6607-sagami-minamihashimoto.jpg

(6) 国鉄相模線南橋本駅の信号操作レバー群(1966年・昭和41年7月)
006-6607-sagami-minamihashimoto.jpg

(7) 国鉄八高線高麗川駅の高崎側・場内信号機のメカ(撮影年月・・・・未確認)。停止・赤表示中。
007-hachiko-komagawa.jpg

(8) 国鉄相模線原当麻駅の茅ヶ崎側の場内信号機(1985年・昭和60年4月21日)。色灯式単線自動信号機への工事が始まって居るのに気付いて、慌てて撮影に行ったのを思い出します。
008-850421-sagami-harataima.jpg

(9) 国鉄成田線佐原駅・成田側の出発信号機。カメラは確か100mm付きのミノルタSR1と思われ、1965年・昭和40年頃の撮影と思われます。
009-naritaline-sawara.jpg

(10) 国鉄土讃線大歩危駅(1959年・昭和34年7月)。高知から高松桟橋行の夜行・普通列車で真夜中の長時間停車中。C58からチョコレート色のDF50に変わった頃でした。100を越すトンネル通過時に窓を閉めなくても良いのは大助かりでした。
010-5907-dosanline-oboke.jpg

coffee.gif 腕木式信号機・・・・・メカっぽく、そして人の手で動かしていると言うところが、なんとなく気に入っていました。しかし、単線区間であれば、どこででも見られたのですが、あっという間に無くなってしまいました。ひょっとして、何処かで現役で働いて居たりしたら、嬉しいなと思うのです。
 二位式で手動が専らですが、三位式や電動のモノもあったようですが、博物館でしか見たことはありません。

 この腕木式信号機、もう一回、書こうと思っています。では、また次回!!!!!


古いアルバムから ブログトップ