So-net無料ブログ作成
検索選択
国鉄1980年代 ブログトップ

国鉄相模線の腕木式信号機 [国鉄1980年代]

pencil-red.gif ど~も!70爺の、む~さんです。今から、23年ほど前のお話を致しましょう。1985年・昭和60年4月21日・日曜日。国鉄の相模線、原当麻駅にやってきました。相模線は東海道本線の茅ヶ崎駅から北へ、横浜線の橋本駅に至る33.3kmの全線単線、非電化路線でありました。現在、単線は相変わらずですが、1991年には電化され、相模線バージョンの205系電車が走っています。

 何故、相模線かと言いますと、以前から、原当麻駅近くの踏切を、しょっちゅう通っており、その度に、踏切間近に立つ腕木式の信号機が気になって居たからです。そろそろ、腕木式信号機がアブナイという情勢になっていました。
 今日は、簡単な自動焦点カメラを持ってお出かけした来ました。鉄道ファンのくせに、車で来るなんて言語道断。カメラは、ヤシカのテッサーレンズ付きの小型カメラで、お値段も安かったので、サブカメラとして、わりと頻繁に使っていました。

pencil-green.gif さて、原当麻駅です。近くに「当麻山 無量光寺」という、大きなお寺があります。詳しいことは知りませんが、有名らしい。 

 国鉄相模線原当麻駅の腕木式信号機1985年 

 相模線の自動信号化は何時からだったのでしょう。調べればわかるのでしょうが、今回は、まあいい事にしてしまいます。

(1) 原当麻駅の茅ヶ崎よりにある場内信号機。(画面左、踏み切りの先が原当麻駅)
signal_harataima_001.jpg

(2) (1)の踏み切りの駅寄りから原当麻駅を見ています。茅ヶ崎方面への出発信号機。お隣には既に色灯式信号機が建っています。腕木式、風前の灯火なり!
signal_harataima_002.jpg

(3) (2)からちょっと左を見る。原当麻駅の茅ヶ崎よりのポイントでスプリング式。signal_harataima_003.jpg

(4) 信号機を操作するワイヤ。左へ行くワイヤは茅ヶ崎方の場内信号機へ。右へ行きワイヤは茅ヶ崎方面への出発信号機へ。
signal_harataima_004-01.jpg

(5) プーリーをクロースアップしてみました。
signal_harataima_004-02.jpg

(6) 信号機に至るワイヤを支えるプーリーが棒の上にある。
signal_harataima_005.jpg

(7) 茅ヶ崎方から橋本行き、キハ35+キハ30の二連がやって来ました。列車の後部辺りにも、色灯式の信号機が建っています。
signal_harataima_006.jpg

pencil-blue.gif 簡単に、バシバシ写し、帰って来てしまった訳ですが、何故、通票閉塞機とか、タブレットの受け渡しを写さなかったのでしょうね。


signal-blink.gif pen-para.gif

 私のホームページ「む~さんの鉄道風景」の相模線関連のページです。お時間が御座いましたら、ご覧下さい。

川越・八高・相模線1956年
http://11.pro.tok2.com/~mu3rail/link13.html

国鉄相模線1964年
http://11.pro.tok2.com/~mu3rail/link129.html

国鉄相模線1966年・夏
http://11.pro.tok2.com/~mu3rail/link167.html


coffee.gif では、また次回にお目に掛かりましょう!!!


国鉄1980年代 ブログトップ