So-net無料ブログ作成
検索選択

のどかな時代(25):横浜市電の400形四輪単車 [むかし噺(2)]

icon-nodoka2.gif icon_mukashibanashi.gif
pen-pc.gif 前回の更新が2月1日でしたから、11日目の更新ということになってしまいます。早い早い、何と言うか、一瞬で10日が経過。何か書こうと、勢い込んでキーボードを見つめています。
 Facebookで、最近、横浜市電の写真を何枚かアップしました。ふと思いついたのが、「大正生まれと聞く、四輪単車にしてダブルルーフ、半鋼構造の400形」です。2年間の横浜暮らしがあった所為か、すっかり横浜市電ファンになりました。数ある形式の中で、「一番カワイイ」と思っている400形なんですが、意外と写真が残っていません。ざっと探してみたのですが、なんと6コマしか出てきませんでした。

icon_streetcar.gif

■■■ のどかな時代(25) ■■■

■■■ 横浜市電の400形・四輪単車 ■■■

pen-para.gif では、ご覧ください!

(1)昭和34年7月:「馬車道」で。丸に「補」の字の系統板。方向幕は「三渓園」。
001-195907-yokohama-402.jpg

(2)昭和34年7月:(1)の右端に写っているのは如何やら400形で、それに乗車して横浜駅前まで行きました。車内の二重屋根構造とか、広告の取り付けとか、ご注目ください。
002-195907-yokohama-400-01.jpg

(3)(2)の写真の部分拡大です。花月園競輪とか、松喜屋とか、懐かしい広告が下がっていました。広告吊架金具の優雅なカーブ・・・素敵です。
003-195907-yokohama-400-02.jpg

(4)昭和35年6月:まあ、ひどいネガですがご勘弁ください。421の走っているのは、高島町~桜木町駅前間のどこかですが、広告塔の形あたりで、場所の同定はできそうです。
004-196006-yokohama-421.jpg

(5)昭和36年7月:桜木町駅前の421。方向幕は読めないけれど、たぶん、三渓園。
005-196107-yokohama-421.jpg

(6)(5)の後ろ姿です。京浜東北からの人か、市電の下車客かわかりませんが、電車通りを横断する人の数がすごいです。
006-196107-yokohama-421-01.jpg

(7)(6)の写真の右端を拡大しました。ファッションがいかにも昭和中期。
007-196107-yokohama-421-02.jpg

(8)昭和36年7月:馬車道あたりから桜木町方面を見ています。横浜駅の系統板を付けた423。
008-196107-yokohama-423.jpg

pen-para.gif 夜になると二重屋根のサイドに並んだ摺りガラスから、室内の明かりが漏れて、えもいわれぬいい感じでした。

coffee.gif では、こんなところで、今回はおしまいです。また、次回!!!


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 6

hanamura

>二重屋根のサイドに並んだ摺りガラスから・・・
妄想!妄想!妄想!思いっきり、ふくらませています。
横浜市電保存館!!!また、行って来まぁぁぁす。
by hanamura (2017-02-11 17:11) 

Cedar

400形懐かしいです!麦田の親戚に行くのに桜木町駅前からわざわざ単車を待ったものです。
麦田車庫のヌシという感じでしたね。
by Cedar (2017-02-11 21:39) 

はーさん

横浜市電400形は半鋼車のようですが、ダブルルーフなのですね。半鋼車に見えて、鉄板を貼り付けたものかも?6大都市の市電で、単車が最後まで、残ったのは横浜市電だけだったようですね。西鉄福岡市内線のようにほとんど単車だったのが、北九州線の木造ボギー車まで転籍して、単車を淘汰したところもあるというのに!
輸送需要の少ない路線があったのでしょうね?
しかし、坂の多いので、エアーブレーキはついておりました。正直のところ、単車はピッチングが大きく、決して乗り心地の良いものではありません。高校時代に地鉄富山市内線の単車で通学したものとしては良い思い出ではありません。富山市内線3500形は珍しい戦後生まれの単車、でも、ハンドブレーキだけでした。
by はーさん (2017-02-12 10:23) 

む〜さん

■■ hanamura様:
 夜のダブルルーフの磨り硝子の光は、ほのかな明るさで、なんだか暖かい気持ちになったような・・・。
 市電保存館、私が居た時は整備中でしたが、レイアウト室があるのでしょう?見たかったです。
■■ Cedar様:
 麦田の車庫は、実は見て居ないのです。三渓園まで乗ったのが数回でしたから。もっと積極的に見て、写しておけばよかったです。
■■ はーさん様:
 若いナンバーは最初は木造だったのが、後期になると鉄板張りになったようです。木造のものも、鉄板張りになったそうです。
 私が横浜に頻繁に行くようになった昭和35年、多数の単車が走り回って居りまして、吃驚するやら、嬉しいやらでした。それだけ、世間を知らなかったのです。

■■♪♪ フジトモ様:
■■♪♪ Hideta-o様:
 「nice!」有難う御座います。
by む〜さん (2017-02-14 23:35) 

のり

車内の写真がたまりませんね。車掌さんの所作が素敵です。


二重屋根から漏れる柔らかな光…
夜の路面電車の光景は、普段からの利用客の方でないとなかなか体験することができないと思います。

横浜市電は見たこともないはずなのに、なんだか懐かしくなってしまいます。
by のり (2017-02-15 07:23) 

む〜さん

■■ のり様:
 最近はワンマンになりましたので、こういう姿は見られませんが、車内に気を配る車掌さんの姿、記憶に残ります。
 そういえば、現役のダブルルーフの車両って現在の日本にあるのでしょうか?
by む〜さん (2017-02-15 13:58) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。