So-net無料ブログ作成

千葉経由で茨城へ1962年(上) [1960年代の旅]

icon_mukashibanashi.gif
pencil-red.gif  家内の里が千葉県は成田線の佐原駅から、入った辺り。1962年・昭和37年8月11日・土曜日、お盆の頃ですね。私の父と、家内が先に、家内の田舎に行き、私は会社に出て、土曜日の仕事を済ませて、午後から追いかけると言う事になりました。
 そう言う訳で、朝の新宿駅・一番線まで、一緒に行って、お見送り。そして、出社したと言うわけです。
 オリンパスペンによる、メモ的写真ですので、あんまり綺麗ではありませんが、ご覧下さい。

 千葉経由で茨城へ1962年(上) 

(1) 早朝の、新宿駅一番線です。ここから、千葉、成田経由の佐原方面へ行く、準急が出るので、入線を待っています。この年代だと、「準急・水郷」で、キハ28あたりかと思われます。まだ、準急は入線前で、貨物列車が居るんです。一番手前の貨車は、ワフ28000かな・・・・・。
 左手遠方、ホームが出来かかっています。その向こうには貨車群が見えています。
6208keisei001.jpg

(2) 左が、私の父なんですが、このとき64歳、いまの私よりも、6歳も若い。右は家内・・・・。で、そっちは如何でもいいのですが、三番線をご覧下さい。キハ58の急行アルプスが居ます。まだ、エアコン装備前のようです。「しんじゅく」と書かれた柱に、「くずもの入」が付いていますが、「千成モナカ」の文字が妙に懐かしい。「大塚駅前千成モナカ・・・・」の「街頭放送の連呼形コマーシャル」が思い出されます。千成モナカさんは、いまも、大塚駅前で盛業中のようです。
6208keisei002.jpg

(3) 二番線に入線した、「準急・黒潮」。バス窓で、キハ20かキハ25のようです。外房方面の安房鴨川行きあたりでしょうか・・・・、八日市場から、銚子へ行く列車かもしれませんが、詳しいことは判りません。
 に停まっているのは、中央線の急行で、サボをルーペで見ますと「急行・アルプス」の文字が読み取れます。新宿から出ていた、長大編成のキハ58が懐かしく思い出されます。
6208keisei003.jpg

 肝心の準急・水郷の写真はありません。こう言う『うっかりさん』の所は今でも変わりませんね。

coffee.gif 家内と、父を見送ってから、会社に出て、土曜日のお仕事を済ませ、午後2時、追いかけることになります。続きは、次回。


nice!(3)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 3

コメント 19

モハメイドペーパー楠居

 この頃の1番線は今の8番線ですね。それにしても旅客ホームに貨物列車が止まっているとは…。
 20系気動車もヘッドマークが付くと、なかなか様になっています。ちらっと写っている唐草模様の風呂敷包みがたまりません。
by モハメイドペーパー楠居 (2008-09-20 01:26) 

服部光之 

新宿駅がさっぱりとしていますね。周りに大きな建物もないし、ええこれが新宿?という感じです。
奥様も颯爽とした、最新のファッション、とても映えていますね。
父上もきっと、いまのMU3とそっくりだったのではないでしょうか。
昔の駅というのは貨物、旅客雑多でしたね。
なんか、子供時代の大宮駅もこんなだったなあと思い出します。



by 服部光之  (2008-09-20 05:01) 

む〜さん

■ モハメイドペーパー楠居様: このホーム、通勤時になると中央線快速電車になったような記憶もあります。しかし、新宿駅のホームって、当時と比べると滅茶苦茶、増えましたね。貨物ヤードが廃止されて用地があったのが良かったのでしょう。
 この頃の気動車って、標準色は、ブルー+クリームでしたっけ?バーミリオン+クリームでしたっけ?こんな事も忘れています。
 唐草の風呂敷包み、お気付きになられましたか・・・・当時のマンガに出てくる泥棒の必須アイテムでした。ジャケットにしちゃったのは、東京ぼん太さん、だったでしょうか・・・。
■ 服部光之様: ネガをルーペで見ると、遠くに貨車が沢山居るし、甲州街道の陸橋も写っています。この頃の、東京のスカイラインは低く、空が広かったですね。星だって沢山見えました。
 私の父親は、背は高くは無かったけれど、細面で、私の丸顔とは違いましたね。最近になって、政府公認の老人となった私の顔が亡き父に似て来たって言われます。何にでも興味を示す、好奇心旺盛な電気技術者でした。一寸だけ、キャラクターが似ているなあと思います。
by む〜さん (2008-09-20 05:28) 

じろっち

黒潮って、元々は房総急行だったんですか!

私が房総急行を知った頃は既に東京発165系等でした。
それも、もう遠い昔ですね。
by じろっち (2008-09-20 06:31) 

む〜さん

■ じろっち様: 黒潮と呼ばれた列車で、最も有名なのは阪和電鉄(現・JR西・阪和線)が1933年(昭和8年)から運転した、準急黒潮でしょう。あの高速運転で名高い電車モヨ100などが、客車を引き天王寺から和歌山まで行き客車を国鉄の蒸気機関車で引いて、紀伊田辺、白浜口まで走ったそうです。
 房総の優等列車は、準急~急行とグレードアップし、いまでは皆、特急。車輌はグレードアップしましたが、料金の方もグレードアップされました。やれやれ・・・・・。

by む〜さん (2008-09-20 08:57) 

Cedar  

房総方面の優等列車は両国と新宿と両方から出てましたね。下町っ子の私はもっぱら両国発を利用してました。
夏の週末のホーム、旅立ちのうきうき感~そんなに豊かでなかったけど希望があった時代の気分が伝わってきます。
夏の房総準急は日本各地からかき集めた気動車の所属表記を見るのが楽しみでした、<四カマ>とかから応援に来てましたね。
キハ17を連ねたものまでありました。
by Cedar   (2008-09-20 12:19) 

む〜さん

■ Cedar様: 両国駅は国電総武線よりも一段下で独立した、頭端式ホームを持った、始発駅でありました。出来た当時は房総方面への旅人はみんな此処から出発して行ったのでしょう。いまでも、そんな雰囲気が見えますね。機関車はC57を見かけたことがあります。両国を出た列車は、ゆっくりとプレートガーダーの高架を走って行きました。
昭和34年の両国駅の画像を、このブログに去年の7月に出した事がありました。URLは下記です。
http://mu3rail.blog.so-net.ne.jp/2007-07-28

by む〜さん (2008-09-20 17:11) 

なにわ

このキハ25?まだ白熱灯のようですね。内房、外房、総武の三階建て列車だったのでしょうか。夏場ですから、キハ26なんて贅沢、キハ17まで準急に入っていたのでは。

房総半島も紀伊半島も大都市に近い割には独立して、太平洋に面しています。「黒潮」は双方で使いあって、キハ82の特急以降、紀勢線固定になったのではないでしょうか。調べればわかるのですが。


by なにわ (2008-09-20 18:29) 

のびた

今の新宿駅からは想像もできないほどのどかで、しかしながら活気が感じられますね。
ヘッドマーク付きのディーゼル急行、私は四国の丸いマークしか見たことありません。この黒潮の立派なマーク、最近の蒸汽列車などのものと比べると何とも品格がありますね。
by のびた (2008-09-20 22:21) 

うたに

これが新宿駅なんですか…にわかには信じがたい。。
と言っても十数年前までは、新宿でも貨車がゴロゴロしていましたっけ。あの頃写真を撮っていればなぁ…と思います。
たとえ当時は"メモ的な写真"でも、今から見るとすごく価値ある一枚ですね!
by うたに (2008-09-20 22:34) 

のりさん

皆さんのコメントにもありますように、今の大新宿駅とは、比べるべくもありませんね。「準急」という優等列車も、いつの間にかなくなってしまいました。時刻表にもピンクのページに「準急料金」なんて項目がありましたね。「特別急行」が「特急」になって、急行をも吸収してしまい、特急の値打ちが、なんとなくなくなってしまった感があります。当時は、「準急」だって、立派な「優等列車」だったはずですよね・・・
by のりさん (2008-09-21 00:42) 

manamana

そう言えば、むかしは、貨車が目の前に止まったり、
その向こうで右に左に入れ替えするのをぼーと見ていたり、
貨物も身近な存在でしたね。
優等列車入線のホームのざわめきが聞こえてきそうな写真です。
by manamana (2008-09-21 07:11) 

む〜さん

■ なにわ様: このキハ25?ネガ拡大で見て『白熱電灯二列』です。キハ26も居ましたが、たしかに、玉石混交の凄い編成がありました。私は、準急色のキハ26は好きでしたね。昭和35年に、銚子駅で写したフィルムは何処へ行っちゃったんでしょう・・・・。
■ のびた様: 当時の新宿駅中央線汽車ホームからは、EF13に牽く客車普通列車や、キハ58の長大編成の急行アルプスが居て、排気の匂いが満ちていましたし、オマケに寝台車を交えた夜行急行まで出ていました。ホームの階段には何時も改札があって、容易に入れませんでしたっけ。
■ うたに様: そうですね、新宿と言えば、貨物の操車場もあり、大きな貨物ホームもありました。そのお陰で、今のようにホームを増やせたのですが・・・・。
 メモ的な写真も、あとで見ると、懐かしさで目が潤んでしまうようなのもあったりします。デジカメなら尚のこと写しておきたいものです。
■ のりさん様: 特急列車の停車駅も滅茶苦茶増えちゃって、昔の急行や準急並みになってしまいました。急加速急減速のできる電車化されて、所要時間が減っているのですが、『停まらない』というのは、別格の感があるのですが・・・・。
■ manamana様: いまでは、『特急・指定席』で『ホームで並ぶ』必要もなくなりました。発車の2時間くらい前から並んだりしましたっけ・・・・。
 貨車と、荷物車、郵便車は、駅では欠かせないものでしたね。旅人から見ると、旅の味を更にアップする脇役でした。道路・自動車の発達で、そのあたり、すっかり変わってしまいました。
by む〜さん (2008-09-21 09:02) 

mymeな大家

こんにちは。
新宿に気動車がいたんですよね。このときは小田急にも?
タイムマシンがあったら見に行きたいです!
ところで、奥様のご実家へ父上と向かわれたとは、何かのご挨拶でしたのでしょうか。

by mymeな大家 (2008-09-21 23:19) 

む〜さん

■ mymeな大家様: 小田急の新宿駅からはキハ5000、キハ5100が、御殿場に向けて出ておりましたし、中央線の急行アルプスには、富士急行のキハ5800Xが併結で新宿まで来ておりました・・・・筈です。富士急のキハは、1962年夏には多分運行されていたと思いますが、不確かです。
 房総からも、気動車は来るし、賑やかなことでした。ろくすっぽ、写していないのが悔やまれます。
 父親と一緒に行ったのは、単に遊びに行っただけ・・・そんな気楽な親戚付き合いをしていました。
 静岡鉄道駿遠線にも一緒に付いて来たり、町田~小田急~小田原~新幹線~東京~地下鉄丸の内線~新宿三丁目で、伊勢丹に買い物に行ったり、そんな面白い父でした。そのDNAを私は貰っているんですね。(笑)
by む〜さん (2008-09-21 23:44) 

そうこばん

鋼体化されたワフ28000ですか。
どのくらい改造されたんでしょうかね?

25000か29000だと思っていたんですが。

小坂に居たものと同じものかなぁ?
by そうこばん (2008-09-22 18:21) 

む〜さん

■ そうこばん様: ついつい、筆が滑りました。ワフ28000は木造車体でしたね。斜めの鉄帯がアクセントでした。デッキなし半鋼製車体のデッキ無しは、ワフ25000だろうと思います。アドバイス、有難う御座いました。
by む〜さん (2008-09-22 20:23) 

汐風黒潮

「黒潮」は房総東線の夏季臨時準急の愛称として準急初年度の1959年から1963年まで使われ、1962年までは運転系統別に愛称が異っていました。新宿―安房鴨川が「黒潮」(1959―1962)、新宿→安房鴨川の午後の片道便が「千鳥」(1960―1962)、両国―安房鴨川が「清澄」(1961―1962)、と毎年増発されていきましたが、1962.10.1の改正で定期準急の愛称統一(「房総」「京葉」が発着駅の区別なく「外房」に)が行われたのに合わせて、翌1963年の夏季臨時準急はすべて「黒潮」に統一されました。
これが夏季臨時準急の愛称として「黒潮」が使われた最後で、1963.10.1の改正で定期準急が増発された際に座席指定準急が設定され「外房」と区別するために「くろしお」と名づけられたので、1964年以降の夏季臨時準急には「清澄」が使われるようになりました。
その後「くろしお」という愛称は1965.10.1の改正で「外房」に統一されて消滅したのですが、(この時同時に「外房」の読み方が「がいぼう」から「そとぼう」に変更されました)翌1966年も「清澄」が使われ、「黒潮」という愛称が復活することはありませんでした。この1965.10.1以降の流れは、1965.3.1の改正で紀勢本線に誕生した特急列車が「くろしお」と名づけられたことに端を発しているような気がします。残念ながら千鉄局より天鉄局の方が強かったのでしょう。

by 汐風黒潮 (2009-09-01 15:53) 

む〜さん

■■ 汐風黒潮様:
 コメント有難う御座います。昭和30年代は道路も完全には整備された居らず、海水浴客輸送のため、多数の臨時列車が運転されておりました。急行用の気動車では足りなかったのでしょうか、普通型の気動車も動員されて居りました。
 黒潮の名は、関西地区のリゾート列車として、昭和一桁から10年代初期に掛けて、南海・阪和電鉄から紀勢線への列車で使われたようです。大阪の方には忘れられない名前なのでしょう。
by む〜さん (2009-09-03 19:18) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0