So-net無料ブログ作成

KKさんの北陸私鉄めぐり(9) [北陸の電車たち]

 私の友人、KKさんの、2007年4月15日~17日北陸私鉄巡り二泊三日の旅。その時に撮影された、福井・石川・富山、三県の私鉄電車の画像を、KKさんのご好意で、このブログに掲載させて頂いて居ります。

 KKさんの北陸私鉄巡り(9) 

 2007年4月16日・月曜日、富山ライトレールを見学した後は、富山から西へ19キロ、高岡市へ移動しました。ここには、第三セクター、万葉線があります。社名に『線』が付いているのは珍しいのではなかろうかと思います。JRの高岡駅前から北へ、12.8km、越ノ潟に至る電車で、全線乗って350円。軌間1,067ミリ、600V、路線中程の米島口に本社と車庫があります。
 万葉線は、昭和1948年、富山地方鉄道伏木線として開通、1950年、加越能鉄道へ引き継がれ、1980年、愛称を万葉線とし、2002年4月、第三セクター万葉線株式会社として再スタートしたのだそうです。

 万葉線株式会社 

 米島口の車庫での写真です。超低床車のMLRV1000形、愛称アイトラムもいました。

(1) デ7070形7074。7072は車体のお顔の部分に大きな猫の顔が描かれており、ネコ電車と呼ばれているそうです。

(2) デ7000形7052。

(3) MLRV1000形MLRV1002、MLRVは『Manyosen Light Rail Vehicle』だそうで、新潟トランシス社製、愛称がアイトラムで2車体の編成が3本あるとの事。なかなかの、美形です。

(4) 車籍無しの無番号車ですが、除雪用としてスノウプラウが取付けられています。元・富山地方鉄道富山市内線のデ5010。

 公式ホームページは・・・・・・
http://www1.coralnet.or.jp/manyosen/


■ さて、万葉線を最後に4月16日の予定は終了、金沢へ戻って、市内で宿泊しました。

・・・・・・続きは、また次回に!!


nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 7

はーさん

富山に古くから縁のあるものとして、2,3補足させて頂きます。
1.富山地鉄→加越能鉄道伏木線は高岡ー米島口ー伏木港までの路線です。一方、新富山ー越ノ潟ー新湊までは富山地鉄射水線で、米島口ー新湊間の線を加越能鉄道が建設し、富山ー新湊ー高岡の直通運転を行いました。その後、米島口ー伏木港、越ノ潟ー新富山間が廃止になり、越ノ潟ー新湊ー高岡の路線が残りました。依って、万葉線の引継ぎ路線は伏木線だけではないのです。
2.7000形は富山地鉄富山市内線の7000とほぼ同じですが、
扉の位置が異なります。
3.富山地鉄5000系は5000形とその量産形5010形があり、30両近くあったと思います。
富山地鉄笹津線、射水線、加越能鉄道に使われました。笹津線、射水線の5000系は富山市内線に乗り入れていましたが、
富山市内線のみの系統に使われたことは殆どなかったと思います。米島口の5000は多分、射水線か加越能鉄道所属のものと
思います。
by はーさん (2007-05-16 14:49) 

なにわ

20世紀の終わりごろに高岡までは行きましたが、弟が高速経由でやってきたので、ここから車で能登半島に行ってしまったので、
いまだに万葉線は行っておりません。そして世紀をまたいで腹下しになっていました。
残念ながら、5010は野上でしか見たことはありません。

板違いですが、
>はーさん
貴サイト、もともと名古屋市電を検索しておりましたら、発見いたしました。き初代ビスタカー、スイス風の一般車とアメリカンスタイルのドームカー、名車と呼ばれる二代目より試作ゆえの斬新さにあこがれます。三代目(もう車齢30年近くになりますが)は窓が垂直ですから、ドームカー感覚は味わえません。
余談ながら、私のHNは近鉄特急の列車名ではなく、東京-大阪の急行列車からとっております。
今の名阪特急にも「すずか」「かつらぎ」とかつけてほしいですね。
むーさん、関係ない話でスイマセンでした。
by なにわ (2007-05-16 19:43) 

はーさん

なにわ様
近鉄大阪線は良いですね。
急勾配でも極力カーブを少なくして、強力な電車で、高速運転をするというスイスの大手私鉄BLSをお手本にして建設した線で
モ2200系の宇治急が伊賀の山中を快走するのは、他の日本の鉄道では味わえない魅力です。
初代ビスターカーにも営業初日に乗りました。
本家のBLSにもむーさんと乗りに行きました。これは、本館の旅のメモに「オールド鉄道ファンの瑞西・英国漫遊記」に載せてありますので、良ければ、一寸ご覧願います。

むーさん
 このサイトには関係ありませんが、むーさんも大好きな近鉄、スイスの話ですので、お許しください。
by はーさん (2007-05-16 20:51) 

む〜さん

■ はーさん様: 万葉線になるまでの経過に付きコメント有難う御座います。いろいろと紆余曲折があったのですね。車両につきましても、富山地鉄市内線と、同タイプながら差異があるのですね。

 初代ビスタカーは二階席に乗ったのはあれは何年だったでしょうか・・・。米国の大陸横断鉄道にあるようなビスタドームで大感激でした。
BLS・・・・乗りましたね~!!崖っぷちを、ブリークに向けて下るところの景観は素晴らしかったですね。BBの電機機関車とか、思い出してしまいます。わ~っ!!スイス、もう一度で良いから行きたいなあ。

■ なにわ様: 東海道本線急行なにわ、懐かしい響きです。たしか、EF58がスハ43等の列車を牽いていたと思うのですが、記憶違いも多いにあります。その後、153系の電車急行でしたかな・・・・?
たしか、2250の時代の近鉄特急にも臨時で『なにわ』があったと思います。『あつた』『すずか』『かつらぎ』と聞きますと、モ2250全盛時代を思い出します。2227が付いていたり、2300がくっ付いて居たりしました。
初代ビスタカーにつきましては、下記のURLに高安庫での写真がありますのでご覧下さい。
http://www006.upp.so-net.ne.jp/mu3rail/link811shunkan.html
出来たてホヤホヤの試運転中です。

■ はーさん様: 初代ビスタカーは二階席に乗ったのはあれは何年だったでしょうか・・・。私の場合は四国旅行の帰り道に乗りました。たしか、運行開始後、一年くらい経っていたはずです。米国の大陸横断鉄道にあるようなビスタドームで大感激でした。

 『BLS』・・・・乗りましたね~!!崖っぷちを、ブリークに向けて下るところの景観は素晴らしかったですね。小型のくせに大馬力のBBタイプの電気機関車とか、思い出してしまいます。わ~っ!!見たい行きたいスイスの電車汽車、もう一度で良いから行きたいなあ。
by む〜さん (2007-05-16 23:56) 

京葉帝都

実家が富山県にあるため、万葉線は何度か乗っています。初めての乗車は親戚のところへ行くために高岡駅前から伏木まで。米島口〜伏木は広めの道路でシンプルな路線でした。帰りは並行する国鉄氷見線で伏木から高岡へ。C11牽引の客車(6〜7両)列車でした。最近ではMLRV1000形に乗車しました。室内はモダンなのに落ち着くことができました。
by 京葉帝都 (2007-05-17 02:05) 

なにわ

>はーさん
山地をまっすぐに大出力の電車で急勾配を乗り切る、九州新幹線も同じ発想ですね。平行在来線のことを考えれば、複雑な気持ちになりますが。
逆に勾配を避けうねうねと走るのが山陽線でしょう。電車の利点が殺され、キハ82と到達時間がほとんど変わらなったのですから。

>むーさん
引き続きの板違いですが、近鉄特急は当初、名古屋行きが「すずか」上本町行きが「かつらぎ」でした。
増発されて「すずか」「かつらぎ」は午前発車の列車となり、午後発車は名古屋行きが「あつた」上本町行きが「なにわ」になりました。
さらに名古屋行き「おわり」上本町行き「あすか」や、名古屋連絡のない「いすず」があった時代もあったそうです。
現行の名阪甲特急は7時から21時まで1時間ごと(休日は増発あり)にありますから、「すずか」「かつらぎ」が6往復、「あつた」「なにわ」が9往復+αということになるのでしょうか。
by なにわ (2007-05-17 22:57) 

む〜さん

■ 京葉帝都様: 万葉線株式会社は、『社名』に『線』が入るという珍しい命名だと思いました。考古学的珍車、最新式のLRV、北陸三県の電車風景は変化に富んで楽しめますね。
C11牽引の国鉄氷見線の客車列車なんて、良い時代だったんですね。
■ なにわ様: 近鉄特急も運転本数が爆発的に増えネーミングなどしていられ無くなったんですね。新幹線もそうですが、『XX何号』ってのは味が無いですね。
以前撮ったモ2250の近鉄特急の写真をブログ用に探しておこうと思っています。
by む〜さん (2007-05-18 00:06) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0