So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

のどかな時代(26):常総筑波鉄道常総線取手駅1960年 [むかし噺(2)]

icon-nodoka2.gif icon_mukashibanashi.gif
pen-pc.gif ここのところ、気力・体力が下降気味で、殆ど出掛けて居らず、家でウジウジして居る事が多くなりました。先日、二日ほど茨城県方面に行ってましたが、「鉄道抜きのバス利用」。そんなわけで、更新のネタがありません。
 窮余の一策で、先だって、栃木県の真岡と益子に行った帰りに、関東鉄道常総線に乗り、ブログに載せました。その、常総線の昔の姿を、三駒のネガからアップロード致します。


■■■ のどかな時代(26) ■■■

■■■ 常総筑波鉄道常総線/取手駅・1960年 ■■■

pen-para.gif 1960年/昭和35年6月5日・・57年も昔のことになります。家内と結婚する前年、彼女の実家にご挨拶に伺いました。

 ルートはいろいろ考えられましたが、上野から常磐線に乗って土浦まで行って、そこから霞ケ浦の航路で行くのが、面白そうでした。

 上野駅の上のホームからC57の引く客車列車(もちろん普通)で行くのです。取手駅から先は電化して居らず、上野駅にはC62やC57がうじゃうじゃ居たものです。大きなカメラを持ったカメラマンたちも見かけず、6千円なにがしの35mmハーフカメラで写した写真をご覧ください。


(1)上野駅で: 発車時刻06:35が近づいた427列車の牽引機はC5788でした。

101-19600605ode.jpg

(2)小雨の中を列車は走り、07:23、取手駅です。取手駅の下りホームの反対側には常総筑波鉄道常総線の列車が発着するのです。

102-19600605ode.jpg

(3)ホームの真ん中の建屋は「便所」でしょうか。トイレというよりも便所と言った方が似合うと思われます。左手前の使用済み枕木利用のベンチ状のものは、行商の方の大きな荷物を置く台と思われます。何処かの駅に、こんな施設、残って居るかもしれません。

103-19600605ode.jpg

(4)常総筑波鉄道の列車が居ました。ディーゼル機関車(DD501)がたぶん客車を牽いていまと思いますが、古い時刻表が無く、確認のし様もありません。右側の貨物列車関係かも知れません。構内に気動車は居なかったようです。

104-19600605ode.jpg

(5)構内には、こんな可愛い「トフ」がいました。ガラス張りの車掌室は明るそうですが、夏は大変だったと思います。ボンネットタイプのバスは常総筑波です。

105-19600605ode.jpg

pen-pc.gif(6)この4月に乗った「常総筑波鉄道」改め「関東鉄道常総線」は、取手~水海道間17.5kmは複線化されて、こんな新式の気動車が働いていますが、当時はまだ全線単線で、気動車や、客車列車が走っておりました。写真は2017年4月17日、水海道駅で。

106-20170417ode.jpg


coffee.gif 今回は、ネタに困って昭和35年の常磐線取手駅の写真をちょっぴり並べてみました。何分、旅の途中でしたから、たったこれだけです。

 では、また!!!!

前の1件 | -